オフィスのウイルス対策のお役立ち情報がいっぱい!

安心して働こう

オフィスで施工するには

オフィスで施工するには 新型ウイルスが世界的な流行となってしまい、現状としてはウイルスを抗菌するためにあらゆる方法でオフィス環境を整えている会社も増加しています。抗菌においては消毒液の入ったボトルを出入り口に置いておいたり、誰かが座った椅子や使ったテーブルも一定時間毎に消毒をすることも行っている会社もあり、手洗いとうがいをしっかりと行うことや、外出から帰社した際にはウイルスを持ち込んでしまうことが無いように、入り口で厳重な対策を施すことも今では普通です。
オフィスの場合は、デスクが向かい合わせに並んでいることが非常に多く、会社によってはデスクの位置をずらしていることも目立ちますが、デスク周りにおいては飛沫感染を防止するためにアクリル板を使った間仕切りの施工が効果が高い対策として用いられています。この種の素材は他にも塩ビ板などがありますが、アクリル板である程度の厚みを持ったボードを使うことが原則です。塩ビ板は安く買えますが、何度も拭き掃除をすることに耐用性が乏しいので、アクリル板を採用することで、基本的には何度も消毒作業で拭き掃除を行ってもクリアな状態を保てます。

オフィスの表面を抗菌コーティングするサービス

オフィスの表面を抗菌コーティングするサービス コロナが流行することでオフィスでも抗菌を意識することが多くなっ今すが、近年ではしっかりを丸ごと抗菌コーティングするサービスを利用することが可能となっています。
そんな抗菌コーティングをすることで、コロナだけではなくインフルエンザウィルスやノロウィルスなど様々な病気の原因となる菌を除去することができ、感染リスクを大幅に現象させることができます。ドアノブなどの表面だけではなく直接手が触れない天井や壁などのウィルスも減らせます。
このようなサービスでは、光触媒を使ってウイルスを水と二酸化炭素に酸化・分解を促したり、銀を使った触媒で様々なウィルスを殺菌するなどの効果を期待することができます。菌やウィルスだけではなく、防臭や防カビなどにも役立ちます。
ウィルスは接触することや、壁や床に付着した埃と共に空気によって感染します。しかし、感染経路に対策することによって感染を予防する効果を得ることができるのです。

新着情報

◎2020/11/27

オフィスで施工
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

オフィスの扉を抗菌
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

抗菌椅子を並べる良さ
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「抗菌 施工」
に関連するツイート
Twitter